結婚指輪の素材

結婚指輪とは、結婚の誓いに際し、しるしとして取り交わす指輪のことです。一般的にマリッジリングと呼ばれているのが結婚指輪になります。かなり普及してきましたが、日本では20世紀後半になってここまで浸透したものなのです。もともとは、キリスト教の風習であったということも大きいでしょう。今ではほとんど気にされることもありませんが、破ることのできない誓約のしるしでもあったのです。

この結婚指輪は、相手の存在を強く感じることができるものといえるでしょう。夫婦のきずなを深めるためにも、大切な存在です。永遠の愛が続くように、願いも込められることになります。何ら誓約のない婚約に対する婚約指輪とは違い、かなり強い意味を持って使われる指輪ともいえるでしょう。これを左手にするということも、人間の心臓に近いこともあって感情をつかさどるという意味が込められているともいわれています。薬指には、心臓につながる血管が通っているともいわれ、重要な意味が込められているのです。

それだけに、どんな素材で作ればいいのか、石は入れるべきなのか、いろいろと迷いも出てくるものでしょう。素材も何でもいいというわけではありません。婚約指輪とも違った意味があり、毎日身につけることになりますので、どんな素材を使って作るのかも考えていかなければならないのです。

永遠の愛を誓うための結婚指輪ですので、後悔のないものを作らなければいけません。素材に関しても、後悔のないように選んでいくことが必要といえるでしょう。

Post navigation